体験レッスンのお申し込みはこちらです

中目黒 40代からのダイエットは味が決め手です

体験レッスンお申し込みはこちらです

横ももの張りの正体は、大腿筋膜張筋だった!

嶋田夕子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
嶋田夕子
中目黒から徒歩5分 合う味ダイエット&美脚「エイジレスボディ」代表 嶋田夕子です。 食事制限なし!きつい運動なし!味や色、感覚の力を味方につければ食べたいものを食べて楽しくダイエットすることが可能です。
詳しいプロフィールはこちら
  • 太ももの横がパーンと張っている。
  • ジーンズを履くと腰に合わせると太ももの横で止まる。
  • 股関節を動かすと詰まりがある。

こんな悲しい思いをしたことある方って多いですよね。

これって太ももの骨がズレて股関節が歪んでしまっているからなんです。

今日は、なぜズレが起こるのかについてお話します。

 

横ももの張りの正体は

まずは、太ももの横がパーンと張っているものは何かと言いますと

脂肪だと思ってる方多いようなんですが、、、

実は、これ筋肉なんです。

その名を大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)と言います。

赤く盛り上がってるところが大腿筋膜張筋です。

その下の細いのは腸脛靭帯と言います。

赤い部分て、ちょうど細身のパンツを穿いた時に引っかかる場所じゃないですか?

横から見たらこんな感じ。

太ももの横から前あたりがモリッとしてるなって思う方は、

この筋肉が発達してしまっている可能性大!

その上に脂肪が乗るから

さらにモリッと盛り上がってしまうんですね。涙

 

大腿筋膜張筋とは

腰骨(寛骨)から大腿筋膜張筋として始まり、

腸脛靭帯となってスネの骨(脛骨)についています。

 

大腿筋膜張筋の働き

股関節の外転

脚を外側に開く動きをします。

 

股関節の屈曲

太ももの付け根を曲げる動きをします。

 

股関節の内旋

太ももを内側に捻る動きをします。

「開く」「曲げる」「内側に捻る」結構色々働いてくれてますね。

とはいえ、大腿筋膜張筋だけでこの3つの動きをしてる訳じゃないんですよ。

 

大腿筋膜張筋は働き者だった!

本来なら、「外側に開く」動きは「お尻」の筋肉も担当するのですが

「お尻」の筋肉が働かないと、大腿筋膜張筋が代わりに頑張ってくれます。

「曲げる」と「内側に捻る」動きは「内もも」も担当するのですが

「内もも」が上手く働いてくれないと大腿筋膜張筋が代わりに働いてくれます。

そう、要は使いすぎて筋肉太りになってる状態なんです。

 

太ももが筋肉太りになる真犯人は、、、

これ大事ですからよく聞いてくださいね!

なぜそんなことが起こるかというと、、、

骨盤に太ももの骨をハメ込んで

ズレないように支えている筋肉がちゃんと働いてないから!

骨盤に太ももの骨をハメ込んでズレないように働いてる筋肉は、

お尻の筋肉(中臀筋、小臀筋、梨状筋・大腿方形筋)

内ももの筋肉(恥骨筋、短内転筋)

お尻や内ももの小さな筋肉が働かないと

大腿筋膜張筋が代わりに働いて、内股になって横ももが張り出す可能性が高いです。

そして、股関節が動かないので痛みの原因にもなりますよ。

 

次回は、太ももの骨を引っ込めてくれる大切なお尻の筋肉のお話しをしますね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
嶋田夕子
中目黒から徒歩5分 合う味ダイエット&美脚「エイジレスボディ」代表 嶋田夕子です。 食事制限なし!きつい運動なし!味や色、感覚の力を味方につければ食べたいものを食べて楽しくダイエットすることが可能です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© エイジレスボディ , 2020 All Rights Reserved.